« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月の3件の記事

2011年3月31日 (木)

春♪

cherryblossomすっかり春めいてきましたね。cherryblossom

明日から4月です。

季節も後押ししているような気がします。

がんばろう!heart04

4月からなごみと親子でフラダンスに通います。

パウスカートというものをお友達から格安でゆずってもらって

準備万端!なごみもとっても張り切っています!

T_009

今日のなごみのエピソード! 今日は英語教室でイースターをしてきました。

エッグハントの卵を大事そうにもって帰ってきてご機嫌な様子・・

お風呂に入るとなぜか手に黒い三角の紙を持っています。

T_004

「ママ見て〜三角のおばけだよー」

「こわいでしょう〜smile

」と大はしゃぎ。 パジャマに着替えても・・

「ほらノンちゃんオバケだぞー」と盛り上がっていて・・

「ところでその黒い紙どうしたの?」と私が冷静に聞くと

「ん・・・あの」

「イースターのbeeのしっぽだよん!bleah」とのこと

T_007

「チクッ」とおもむろに私の手を刺しました・・ でも頭に付けてるけど・・??

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月16日 (水)

3月11日(金)に発生した地震により、亡くなられた方々の
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、
そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日の地震本当に怖かったです。
私はお友達のマンション9階で地震にあいました。
まるで荒い海を航海しているようにマンションのお部屋が揺れて揺れて
その場に居合わせたママたちと「お願いだからもう止まって!」と
叫んでいました。。。

頭の中をよぎったのはまっ先に子供の安否。

その日お友達のお家でランチ&お茶をしていてので
延長保育にしていたのです。
小学校も放課後預りにしていたので、
揺れるさなか時計を見て、「大丈夫。この時間なら下校していない」
「学校や幼稚園にいるならしっかり守っていてもらえるよ」と
お友達も励ましてくれました。

地震が終わったあとももう一度強い揺れがあって
顔がひきつりまた。

直後から携帯も固定電話も全く使えず・・
マンションの川向こうに江東区のビル屋上の火災が見えて・・
恐怖でした。

幸い区内はなにも倒れたりしていなかったので、
階段でおり、急いで幼稚園にお迎えに行きました。

迎えにいくと防災頭巾をかぶって、
なごみは泣いていました。

一人で怖い思いさせちゃってごめんね。と思いました。

その日の朝泣いて延長保育にいくのを
なぜか嫌がったのに、無理やりしちゃったので後悔しました。

続いて、のんちゃんもお迎えに行きました。
二人の娘は、防災頭巾をかぶって帰宅。
まさかこんな日が現実にあるなんて・・と
自分の方が動揺してしまいました。
ここ数日、テレビで悲惨な現実を目の当たりにして・・
ショックを受け、なごみの幼稚園も終業式まで休園になってしまい
ひきこもりがちで・・ 精神的にもまいってしまいました。
昨日 、仕事先の社長さんを通して、こんなメールをいただきました。

小さいお子さんをお持ちの方には特にあてはまるようなきがして・・
お役に立てばと思い転記させていただきます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは私の知り合いの心理士の方があるML向けにこのような震災状況の
中での注意点を書いてくれたものです。

4日目となり、不安も疲労もたまっていることでしょう。
心理士として阪神淡路大震災でも一週間以上被災地にいったものとして、
仲間とも共有している以下のことを皆さんにもお伝えしたくメールしました。

*不安は体内でアドレナリンを放出し、軽い興奮状態を引き起こします。
 これによって、不必要に感情があふれだしたり、
 いらいらしやすくなったり、
 知らぬうちに身体的な疲労が蓄積したりします。
 また、「何かをしなければ」という気持ちにもなりやすく、
 やたら行動してしまうこともあります。
 今はそんな自分に「落ち着いていよう」と声をかけてください。
 自分を守るために大切なことです。
 自分をこうして守ることが周りにいる人も安心させます。


*テレビはあまり長時間見続けないようにしましょう。
 インターネットやラジオに切り替えることを意識してください。
 特に子どもには気をつけてあげてください。
 こういう時期にアニメや映画をみるなんてと思われるかもしれませんが、
 時々はそうしてください。
 過去にも、テレビ放映での二次受傷の問題が多々ありました。
 涙がよく出たり、妙な罪悪感が湧いてきたり、お腹のあたりがぎゅっとし てきたらテレビを消したり、違う番組をみるようにしましょう。

*こういう時こそ、「やわらかい心を意識してもつ」ことです。
 極端な情報の解釈を人に押しつけたり、偏った情報から「こうなんだ」と
 結論を急いだりしないようにしましょう。
 前述したように人や状況に腹がたつこともあるかもしれませんが、
 今、悪者や敵を作らないように意識してください。
 協力しあう仲間だと理解し、多々不手際や不便なことがありますが、
 「限界のあるなかで頑張っている」という思いで感謝を忘れないように
 こころがけましょう。

なお、コミュニケーションはとても大切です。
テレビをずっとみているよりも、人と会話をするようにしましょう。

被災地にいなくても子どもは不安です。大人たちはテレビに釘付けでしょうから。
以下もご参考までに。

*まず子どもを安心させること  そのために、

1.どんなことも聴いていいという雰囲気をつくります。
  分からないことは分からないといってもいいですが、
  「そんなこときくな」「しらなくて いい」という返答はしないようにします。
  また、繰り返し同じ質問しても、同じ答えでいいので淡々と答  えてください。

2.どんな気持ちも否定しないでください。「くよくよするな」「気にするな」など
 というと子どもは自分の気持ちをどうしたらいいかわからなくなります。
  気持ちも彼らの一部です。
  「そんな気持ちになっても当然だよ」と答えた後で、
  「でも、たくさんの人が協力して、安全な状態になるから ね」
  と安心感と他者への感謝の気持ちを表してください。
  こういうときに、大人が感謝の気持ちをもっていることを
  子どもが知るのは勇気をもてます。

3.できるだけ不必要な変化をしないように。
  つまり日常の習慣、夕飯前は手をあわせて「いただきます」
  ではじめるとか、寝る前の儀式的なもの などできる範囲で
  「いつもどおり」を大事にしてあげてください。
  以前に好きだった毛布やぬいぐるみなどもそばにおいてあげましょう。
  排泄や、食事、睡眠時 に赤ちゃんがえりをすることがあるかもしれませんが、
  怒ったりせず、そのまま受け入れてあげましょう。
  もちろん、普段していたお手伝いは無理のな い範囲でお願いし、
  日常習慣を守りましょう。

4.被災地にいない場合、「今、あなたは家族と一緒に安全であるのよ」
  ということもきちんと伝えてください。

5.子どもが疑問に思ってないことや、聞いてきたことではないことまで、
  詳細に語る必要はありません。
  子どもの年齢にあわせて、言葉を選んでください。
  また、情報の解釈を押し付けたり、
  偏った情報や少ない情報で不安を煽ったりしないようにしましょう。
  大人のほうが不安で、話してしまうことがあります。
  大人が柔らかい心をもつことを意識しておきましょう。

6.また、テレビの被災地の映像に長時間さらさないようにしてください。
  こんな時期にと思われるかもしれませんが、アニメやビデオを見る機会を
  与えてください。これは大人にも大切なことです。「選択できること」というのが
  こういう事態では大切です。
  この番組しか見ないと決め付けないように。

7.こういう試練にあったからといって
  全員がPTSDになるわけではありません。
  また、心の傷は必ず乗り越えていけます。
  大人のほうが自分のことを大切にする
  ことです。大人も違う番組をみたり、
  テレビをしばらく切ったりするようにします。

8.不安はいらいらや軽い興奮状態を引き起こします。
  「何かしないと」という思いも強め、
  必要のない行動をして結局体が疲れたりします。
  不安であるときこそ「あわてない」「ゆっくりと」と
  大人が自分に声をかけ、
  少しでも横になったりして休む時間をつくるようにしてください。


以上です。
お役に立てば幸いです。
なお、これを転送してあげたい方がいたら、どうぞ自由にしてください。
発信者からはOKをもらってあります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年3月 7日 (月)

お遊戯会とおひなまつり

またまた間が空いてしまいました。coldsweats01

2月はお遊戯会とおひな祭りパーティーと

いろいろありました。

なごちゃんにとって初めての幼稚園のお遊戯会でした。

踊った曲はAKBの「あいたかった」

ノリノリで可愛かったです~

衣装はチア風かな♪

はじけるように元気いっぱい踊ってくれて、

観ていて幸せな気持ちになりました

T_2011_0218_124132imgp3936_2

T_2011_0218_135000imgp3971

去年の今頃はノンちゃんが最後のお遊戯会で

なごちゃんはまだまだ赤ちゃんのような感じだったのに

月日が経つのは 早いものですね。

2月の終わりには少し早めにおひな祭りパーティーをしました。

ノンちゃん7歳、なごちゃん4歳のおひなまつりでした。

海鮮ちらし寿司をつくってお祝いです♪

もうすぐ4月 小学校2年生と年中さんに進級です。 あっという間の1年。 T_2011_0227_113501dsc00666

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »